ロシアン星人 アン の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS びーおじさん 虹の橋へ

<<   作成日時 : 2006/12/29 12:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 30

皆様に悲しいお知らせをしなければなりません…。
先日びーおじさんが虹の橋へ旅立ちました。

突然このような発表をするのは心苦しいのですが、
ブログで皆様にかわいがっていただいた びー の
お別れをここにご報告させていただきたく、
スペースを取った次第です…。


12月に入りしばらくして びーの食欲が落ちているのに
気がつき、どうしたのかな?と動物病院へ連れて行きました。
結果、老衰で体が弱っているとのこと。
白内障で目も見えにくくなっている、という診断…。
確かに14歳と高齢ではあったけれど、まるでそんなそぶりもなく、
気がつかなかった愚かな飼い主でした…。
先生に食欲促進剤と栄養剤の2本の注射を打ってもらい、焼き魚等
においの強いものを食べさせてください、というアドバイスを
いただきました。
食べることが生きる基本、びーは焼き魚をパクパク食べてくれました。
これなら少しでも命が永らえるかもしれない!
希望の灯が見えてきました。
翌日も注射を打ち、先生に「びーちゃんがんばれよ!」
と優しい言葉をかけてもらった びーでした…。。
それから びーが好きそうな魚を焼き、食べてもらうのが
日課になりました。体や顔つきも一時期よりふっくらとして、
この状態がもっと長く続くものと思っていました。
が、一週間後 再び食べなくなったのです。
3度目の病院。3度目の注射。
これでまた元気になれる、と信じて…。
しかしびーは食べ物を拒絶しました。目の前の魚に顔を背けるのです。
頑として口を開こうとしません。
この時点で私達は延命をあきらめました。
これ以上薬に頼っても びーに負担をかけるだけだ、自然に
任せるしかない…。

それから4日、びーは懸命に生きました。
体の動く限り自力で歩き、トイレを済ませました。
立派でした!
クリスマスの翌日、12月26日 PM10時10分、
強い雨が叩きつけるように降る夜、びーは虹の橋へと
旅立ちました。
14歳と5ヶ月、人間に換算すれば74歳…。
もっともっと長生きしてくれるものと信じていましたよ、
びーちゃん……。

『虹の橋』…あおねこ・だいありぃ。のmyuthaさんのブログで
初めて知り、感動した 猫と人間の美しい絆です。
よろしかったら覗いてみてください。

http://seacats.milkcafe.to/sea-niji.htm

画像

我が家から見えた過去の虹


このような経緯により、12月はブログの更新が滞り、皆様の
ブログへの訪問も鈍りがちになってしまいましたことを
どうかお許しください…。
びーおじさんを気遣い、愛してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
これからも「ロシアン星人アンの日記」は続きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

画像

友人から届いた びーへの花束です。

ありがとうなんだな。オイラ幸せだったんだな…。

画像

幸せをいっぱいもらったのは私達ですよ。
ありがとう びーおじさん…。



            きょうのバラ : 緑光

画像


↓ぽちっ☆と ご協力お願いします

ランキング参加中  猫ブログへ


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログを訪問して、とても驚きました。
キティに似ていて、年齢も近いびー君は私にとって特別な存在だったので、訃報をお聞きしてただただ涙があふれるばかりでした…
ブルーアトラスさんが一番悲しく、辛いのに…。
アンちゃんもぴゅう君も悲しんでいると思いますが、これからもびー君の分まで活躍してくれる事を心から祈っています。
お知らせして頂き、ありがとうございました。キティと共にご冥福を申し上げます。
キティ
2006/12/29 15:36
突然のことで言葉が見つかりませんが、
とても悲しいです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
最近はブログの更新がされていないのは、お仕事がお忙しいとばかり思っておりました。
まさかびーちゃんが虹の橋へ旅立ったとは・・。
ブルーアトラスさんもご主人も長い間生活を共にしてきたびーちゃんが旅立ち、
悲しみはいかばかりかとお察しいたします。
もうびーおじさんの重みのある言葉が聞けなくなると、ぴゅうちゃんもアンちゃんも寂しくなりますね。


「猫だらけ」の家主です。
2006/12/29 16:17
え、突然の事で驚きです。 
悲しみあまり、何の言葉もみつかりません。ごめんなさい。 最近なかなか記事の更新が無いなー お仕事、年の瀬で何かとお忙しくされているのかな・・・? と、思っていました。 まさか、びーちゃんが「虹の橋」へ旅立たれたなんて・・・ とっても悲しい出来事があったのですね。心よりご冥福をお祈り申し上げます。  びーちゃんはブルーアトラスさんの所に産まれてきて幸せだったと思います。 今までびーちゃん たくさん・たくさん ありがとう!!
ゆっくり休んで下さい。 そして、あんちゃん・ぴゅうちゃん、びーちゃんの分までいつまでも元気でね!! びーちゃんは虹の橋から、ブルーアトラスさん、そして ここへ来るファンみんなをいつまでも見守っていて下さいね。
ブルーアトラスさん、悲しみは大きいと思いますが、どうか、体調を崩されないようご自愛下さいね。 
うず
2006/12/29 17:23
ブルーアトラスさん、たった今仕事から帰ってきてブログを開いてびっくりして飛んできました。
突然の出来事に震えました。
いつも可愛い姿を見せてくれていたびーちゃん。最後の写真を見たら涙がとまりません。
ブログ上ではありますが、ずっとお付き合いをしているともうお友達の猫さんで、ずっと前から知っているような気がします。それだけにとても悲しいです。

びーちゃん、最期までがんばりましたね。
ブルーアトラスさん、ご主人さんにいっぱい愛されて、いっぱい愛をあげて本当に幸せでしたね。
今ごろはまた元気になって虹の橋でみんなに出迎えられて楽しく暮らしているでしょう。
ブルーアトラスさん、今とてもつらいと思います。泣きないだけ泣いてくださいね。

みんなに愛されたびーちゃん。
本当にありがとう。
心からご冥福をお祈りします。
myutha
2006/12/29 17:52
突然の悲しい知らせ
さぞかしブルーアトラス家の皆様は悲しみにくれていることと思います。
記事にあったように、びーさんは虹のかなた、青空の向こうで、安らかに過ごされることを祈っております。

そしてびーちゃん、最後まで笑顔をありがとう。
作太郎
2006/12/29 20:24
「猫だらけ」さんのところで知り、あわてて覗かせていただきました。
読み進めていて、涙がポロポロこぼれてきて・・
この年末はさぞお辛かったことでしょうね。
私も2匹、見送りましたが、言葉には言い尽くせないほど辛かったです。
いっぱいの楽しく温かい思い出を有難う。ですね。
びーちゃん、これからは青空の向こうから、ブルーアトラス家を見守ってあげてね。

心よりご冥福をお祈り致します。
ありあん
URL
2006/12/29 22:06
はじめまして
myuthaさんの所からきました。
以前から時々覗き見してたけど、コメントを残すのは初めてです

びーちゃんのお話・・・心つまされる気持ちでした
現在我が家の猫も14歳。
肺炎から肺水腫、そして心臓の弱り?肺腫瘍?と、獣医さんと右往左往しています
同じ歳の猫ちゃんが旅立つと、本当に切ない気持ちになってしまいます

びーちゃんは、きっとサンタさんのソリを追いかけて行ったのね!
だからブルーアトラスさんたちの事を空からきっと見守ってくれてるでしょう!
来年のクリスマスには、サンタさんの隣にsチョコンと座ってプレゼントの配達に来てくれますよ

泣かないでとは言いません。たくさん泣いてあげてください。
そして悲しみの涙を全部出し切って、笑顔で「ロシアン星人アンの日記」を書いてください!
ひょんなご縁ですが何かのめぐり合わせだと思いmyuthaさんにも感謝します

びーちゃん、安らかに・・・
ねこたま
URL
2006/12/29 23:47
余りに突然で本当に残念です。残された皆さんどうぞお元気で・・・
内部 正明
URL
2006/12/30 00:25
こんばんは。
こんな時でごめんなさい。いつもは読み逃げしていたのですが、今日はコメント入れさせてください。
14歳、ヒトに換算すると74歳ですか。喜寿を目前に他界してしまったんですね。でも、焼き魚を食べてくれたことや、最後は潔く天寿を全うされたところ、びーおじさんの優しさを感じました。柄にもなく涙腺がゆるんでます。
びーおじさんは、きっとどこかでブルーアトラスさんのこと見てます。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
ろぼっと
2006/12/30 01:14
ブルーアトラスさん。
突然目に入った文字が、一瞬信じられませんでした。14歳ならまだまだ。。とも思える年齢でしたが、こればかりは寿命なので残念としか言いようが無いです。最後まで一生懸命びーちゃんは生きて、それを見守って看病したブルーアトラスさんたち、想うだけで胸が詰まります。
みなさん、立派でしたね。
幸せな猫生を生きたびーちゃんは、虹の橋の向こうでいつまでもお仲間の猫ちゃんやブルーアトラスさん御夫婦を見守ってくれますよ。
ブログの写真でしか会った事がないけど、貴方を知る事が出来たことに感謝してます、びーちゃん。ありがとう。そしてご冥福をお祈り申し上げます。。。
猫母
URL
2006/12/30 05:07
はじめまして♪
いつもこっそり拝見させていただいたいました。
初めてカキコさせていただきます。
びーちゃんとお別れ・・・辛いですね。
もっともっと一緒にいたかったですよね。
気づいたやれなかった という後悔と自責の念・・わかります。
σ(・・*)も4歳で亡くした愛猫の時 そうでしたから。
びーちゃん最期までよくがんばったね。
そして14年間一緒に暮らして 最期まできちんと面倒を見てくれた
ブルーアトラスさんご一家にビーちゃんは絶対に感謝していますよ♪
マンガの「銀河鉄道999(作:松本零士)」のお話に出てくる
亡くなったペットちゃんたちが行く「ミーくんの命の館」と言う星に
虹の橋を渡ってたどり着くんだと思っています。(999に乗って・・・^^;)
ご冥福をお祈り申し上げます。
ケイ
URL
2006/12/30 07:34
ブルーアトラスさん
驚きました。
今日本で毎日インターネットがみれる環境にないのですが、久しぶりにみたら、びーおじさんの旅立ちのニュースで本当にびっくりしました。
びーおじさん、最後まで立派だったのですね。おいらのコメントがとても楽しみだったのに、これから寂しくなりますが、びーおじさんと知り合いになれてよかったと思います。
びーおじさんを紹介してくださったブルーアトラスさん、本当にありがとうございました。
虹の橋でアレックスと遊んでちょうだいね、びーおじさん。
ご冥福をお祈りします。
tieta4u
2006/12/30 21:41
うちのロシと同じ名の、びーおじさんのファンでした。
残念でたまりません。
虹の橋を知った時、遠い昔に亡くした子達を想い、こんな場所があるのなら、(自分が)死ぬのも悪くないもんだな、と、ふと思いました。
いつの日にか再会できますように・・・安らかにお眠りください。
Misty
URL
2006/12/31 13:51
初めて訪問しての初コメントなのですが
びーちゃんはとっても偉かったと思います。最後までがんばって生きようとしていたのですね。
私も何度か一緒に暮らしたコ達との
別れを経験してもうこんな悲しい思いはしたくないと思うのですが
悲しみよりもそのコ達に貰った楽しい思い出があり又そんな愛情が楽しさが
欲しくて今もにゃんこと
暮らしています。
びーちゃんはきっと虹の橋で
楽しかったな〜って又きっと
会いたいなって思っていると
思います
これは受け売りなのですが
一杯泣いていいのですって
泣いてそのコの事を一杯思い返すのは
供養になるのですって
でもいっぱい泣いたら元気になって
下さいね
初めて来て長々とコメント失礼しました
チバンビーナ
URL
2006/12/31 19:06
キティ 様

この度は突然のご報告で、驚かせてしまい、すみませんでした。
びーのために涙していただき、ありがとうございます。びーも喜んでいることと思います。
びーによく似たキティちゃん。寂しくなったらキティちゃんに会いに行かせてくださいね。
これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/01 14:16
>「猫だらけ」の家主 様

ブログでも取り上げていただき、やさしい励ましのお言葉、痛み入ります。
ありがとうございました。
おかげさまで悲しみも少しずつ和らぎつつあります。
アンもぴゅうも心なしか寂しげです。
特にアンはびーおじさん大好きっ子でしたから…。
徐々に2にゃんの様子などアップさせていきますね。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/01 14:28
>うず 様

うずちゃん、突然悲しい思いをさせてごめんなさいね。
そして暖かい励ましの言葉をありがとうございました。いっぱい泣かせていただきました。涙は尽きることのない泉のようにあふれるのですね…。

少し元気が出てまいりましたよ♪
年も明けたことだし、がんばります!
これから仕事なので(元日から!泣)、帰ったらご訪問させてくださいね。
ぴゅうもアンもちょっと寂しそうだけど、元気です!
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/01 14:40
>myutha 様

myuthaさん、びーのために悲しんでくださり、優しく暖かいお言葉をかけていただき、本当にありがとうございました。
どれだけ励みになったことか、言い尽くせないほど感謝の気持ちでいっぱいです。
びーは今頃、虹の橋でたくさんの友達と楽しく暮らしていることでしょう。
myuthaさんのミルキーちゃんや、うちの先代猫2匹もいます。その様子を思い浮かべると、心が温かくなります…。
年も明けました。
気持ちを新たに、アンとぴゅうと共にブログをゆるりと作っていこう、という気になってきました。
どうぞ、またお付き合いくださいませね。
ありがとうございました。

ブルーアトラス
2007/01/02 01:40
>作太郎 様

本当に突然で申し訳ありませんでした。
私達もこんなに早くびーとの別れが来るなどと、思いもよりませんでしたから…。
お悔やみの言葉、ありがとうございました。またブログへお邪魔させてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
ブルーアトラス
2007/01/02 01:51
>ありあん 様

温かいお言葉をありがとうございました。
ありあんさんも2匹の猫さんを見送ってらっしゃったんですね。私もびーで3匹目になります。
いつの時も辛く悲しく、家族を失った喪失感にさいなまれるのですが、また猫を飼ってしまうのは 治らない病気のようなものなのでしょうね…。
空の向こうの虹の橋、いいお話ですね。
ありあんさんの空を見に、またお邪魔させてくださいね。
ありがとうございました。

ブルーアトラス
2007/01/02 02:12
>ねこたま 様

はじめまして
myuthaさんのブログで、ねこたまさんのことは存じ上げておりました。
コメントありがとうございます。
ねこたまさんの14歳の猫さん、まるおさん、病気なのですか。
心配ですね。でもこまめに獣医さんに見てもらっていれば長生きできるかもしれませんね。がんばってください。
(ブログ拝見しましたが、獣医さんと助手さん、えっ???という感じでしたね…。)
サンタさんのソリを追いかけていった…なんて素敵な表現でしょう!次のクリスマスにびーに会えるような気になってきました。
優しいお言葉、本当にありがとうございました。このような温かい励ましをいただいたのもmyuthaさんあってのご縁、深い感謝いたします。
ブログ、がんばります。ねこたまさんのところにもお邪魔させてくださいね。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 04:52
>内部 正明 様

本当に早かったです…。元気だった分だけ飼い主も油断していたようです…。
お悔やみの言葉、ありがとうございました。また遊びに行かせてくださいね。
ブルーアトラス
2007/01/02 05:07
>ろぼっと 様

はじめまして、ろぼっとさん
myuthaさんのところではいつも楽しいコメントを拝見しておりました。
この度はびーのために温かいメッセージをくださって、ありがとうございます。

びーは本当に立派でした。
最後の日まで私たちの手を煩わすことなく、毅然としておりました。
今にして思えば、食べることを拒絶したのも自分の旅立ちを予感していたのだな、、、と…。
びーは、びーを好きだったぴゅうやアンを虹の橋からきっと見守っていることでしょう。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 10:44
>猫母 様

猫母さん、今回は驚かせてしまいましたね…。
そして、びーのために悲しんでくださり、ブログでの紹介までしていただいて、温かいお心配りに感謝いたしております。
びーは最後まで本当に立派でした。びーに潔い生き様を教えられた思いです。
ぴゅうとアンもびーのいない日々に、なにかしら寂しげでしたが、2匹なりの付き合い方を心得てきたようです。
虹の橋からびーが見守っていてくれると思うと心が休まります…。
本当にありがとうございました。

ブルーアトラス
2007/01/02 12:04
>ケイ 様

はじめまして、ケイさん。
myuthaさんのブログでコメントを拝見しておりました。
この度はこのようなときにやさしい励ましのコメントをいただき、ありがとうございます。
ケイさんも4歳の猫ちゃんを亡くされたことがあるのですね。守ってあげられなかった悔いと深い悲しみ…。
本当にもっともっと一緒にいたかったですよね…。
虹の橋のむこうの「ミーくんの命の館」という星、いいですね。びーはきっとそこへたどりついているのでしょうね…。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 12:44
>tieta4u 様

tieta4uさん、日本滞在中は無理だと思っていましたが、見てくださったのですね。
ありがとうございます。
本当にあっと言う間でした。
11月まではアンと例の「顔面白刃取り」(笑)をやっていたのですから…。
「オイラ」を気に入っていただいていた
tieta4uさんに温かいコメントをいただいて、びーも喜んでいることと思います。
今頃虹の橋でアレックスちゃんと楽しく遊んでいるかもしれませんね。
アレックスちゃんに『待ってくれなんだな。オイラ、トシだからそんなに早く走れないんだな…』といいながら…。
本当にありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 13:08
>Misty 様

お久しぶりです。
青い猫で知り合ったMistyさんの ロシアンブルーのびーちゃんと同じ名前の びーでしたね…。
虹の橋、心が救われ、洗われるエピソードですよね。いつかまた会える…。
温かい励ましをありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 13:33
>チバンビーナ 様

初訪問でこのような時に、初コメントありがとうございます。深く御礼を申し上げます。
チバンビーナさんも猫好きなのですね。
私もびーで3度目の別れになり、悲しみは深まるばかりですけれど、残された2匹の猫だけでは寂しい、と考えつつあります…。
猫とは離れられないのですよね。
癒し、癒され愛情をたくさんやり取りして…。
チバンビーナさんのブログにもあとでお邪魔させていただきますね。
ありがとうございました。
ブルーアトラス
2007/01/02 13:51
久しぶりにおじゃましたところです。
びーちゃん・・・。ご冥福をお祈りいたします。
我が家の5歳だったニャンコは、12月26日に入院し、1月7日に旅立ちました。開腹してわかったことですが、急性膵炎でした。
 辛いお気持ち、わかります。
我が家では、その話をタブーにせずに、普段の会話のなかで折に触れ思い出しながら、暮らしていこうとはなしています。一緒に、がんばりましょう。
泣きたいときは、泣きましょうね。
遅くなりまして、すみませんでした。
ichigokko
URL
2007/01/22 03:13
>ichigokko 様

ichigokkoさん お久しぶりです。
お互いにつらい年末、お正月を過ごしていたのですね…。
モミジ君、病気では仕方がないと思っても、5歳はあまりにも若すぎましたね…。
ichigokkoさん、どんなにつらく、無念だったことでしょう。まだまだ生きていい命だったのですものね…。
びーは長生きとまではいかなくても、老衰でしたから諦めもついてはいました。
それでも、いなくなった寂しさは大きく、リリを飼ってしまった私たちです。
きょうはちょうど月命日、びーをしのびながら、モミジくんのご冥福をお祈りしたいと思います。
コメントありがとうございました。
こちらこそお返事が遅くなりましてすみませんでした…。

ブルーアトラス
2007/01/26 14:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
びーおじさん 虹の橋へ ロシアン星人 アン の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる