ロシアン星人 アン の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとした異変

<<   作成日時 : 2007/01/30 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

あれっ!?          『 ぴゅう 』

画像


アンちゃん、どうしたの?      『 人間星人 』

画像

4〜5日前のことです。アンの様子がいつもと違っていました。


朝起きると アンの左目が目ヤニでいっぱいでした!
うるうるの涙目で思うように開かないのです。半目状態…。

画像

(すみません、あわてていたので画像はこれしかありません…

考えられることは、リリと遊んでいる時に リリのキックが目に
入ったか…?                  <けが説>

画像


ドキン !!   アタチのせい…?              『 リリ 』

画像


あまりに痛々しいので、獣医さんに診てもらうことにしました。

あー、アタチがチューシャのとき、入ったおウチだ。
アンお姉ちゃんが入ってる!       『 リリ 』

画像


ねぇねぇお姉ちゃん、どこ行くの?アタチも連れてって!

はいはい、リリちゃんはまた来月 行くでしょ?

画像

なかなか キャリーから離れないリリでした。



                     


さて、先生の診断の結果は… 結膜炎 だそうです。

ええぇ〜〜〜っ !?

猫と暮らして20数年、猫に結膜炎があるなんて知らなかった
人間星人、 無知でした…!
結膜炎、、、空気が乾燥した時期に足で目を掻いたりして発症する
ことがあるそうです。
リリとのバトルは多少影響があったかもしれません。

点眼液をいただきました。

画像



                          



無事2日で完治しました!
よかったねー、アンちゃん

点眼液、しみたわ〜〜!      『 アン 』

画像

ごめんねー、ヘタクソで…汗




お姉ちゃん、獣医のセンセイ、やさしかったでしょ?   『 リリ 』

うん、そうだね。      『 アン 』

画像


アタチね、チューシャされたとき チクッと痛かったの。
でもガマンしたのよ。       『 リリ 』

そう、えらいね。 私は目薬をさされてびっくりして、先生に
しがみついてよじ登ろうとしちゃったよ。      『 アン 』

お姉ちゃんらしいね       『 リリ 』

画像


ふ〜ん、いいんだもんねー…。      『 ぴゅう 』

画像

…孤高の ぴゅうちゃんになりつつあります…。




           きょうのバラ  :  小夜曲

画像




もしかしたら失明?と心配した人間星人に笑えたら
(あきれたかも…汗) コチラを
↓ ぽちっ☆と お願いします

ランキング参加中  猫ブログへ


↓ ぽちっ☆と お願いします

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
ブルーアトラスさん、今晩は。
アンちゃんのお目目どうしちゃったの?と心配しました。
今は治って本当によかったです。
猫はどこか具合が悪かったりしても何も文句言わず耐えているようなので異変に早く気が付いてちゃんと病院に連れて行ってあげてよかったですね。
私も猫暦結構長いですが、ブルーアトラスさんが「失明?」と心配した気持すごーくよくわかります。
具合が悪くて病院に連れて行く間、頭の中で最悪の状態を想像したりして、体も震えたりします(笑)。
アンちゃんきれいな瞳に戻ってよかったね!
リリちゃんとのツーショットもうらやましいです。リリちゃん、アンちゃんを本当のお姉さんみたいに慕ってますね。
とてもほほえましい姿です。
アンちゃんの入ったキャリーからなかなか離れられなかったなんて・・・可愛すぎる・・・・・

ぴゅうちゃん、ぴゅうちゃん、早く仲良くなってね。
おばちゃんは楽しみにしてるのよ(笑)。
ポチ!
myutha
URL
2007/01/30 19:32
こんばんは★
あれれ、あんちゃんの「お目目」イタタだったのね!「結膜炎」だなんて・・・
可愛そうに・・・ でーも、スグに病院で診てもらい、完治して良かったですね! サスガ、ブルーアトラスさんですね!異変にスグに気づくなんて★
一安心ですね(^−^)
あんちゃん&りりちゃんもすっかーり、仲良しさんですね(●^o^●)
かわいいぃ〜♪
うず
URL
2007/01/30 19:42
アンちゃんもブルーアトラスさんも驚かれましたね。
アンちゃん、早く治ってよかったね。
うちのヴィヴィも結膜炎になったことがあります。
ルシアンはウランに目をひっかかれて2回病院に行きました。
こればかりはなかなか人間側で注意できないですよね。
アンちゃんとリリちゃんは一段と仲良しになりましたね。
同じロシアンブルーだということがわかるのでしょうか。
それとも相性がいいのかな?
ぴゅうちゃん、焦らないでゆっくり仲良くしようね。

「猫だらけ」の家主
URL
2007/01/30 20:20
同じほ乳類ですもんね。心身ともにヒトと似たような病になることがあるんでしょう。でも、無事治って良かった良かった。これもブルーアトラスさんの早期発見と的確な処置のおかげです。
キャリーケースから離れないリリちゃん、そこまでアン姉さんにべったりなんですね。大きさが入れ替わったらどんな感じになるんだろ?今から楽しみです。
あごネコ顔のアンちゃん、かわい♪
ぴゅうくん、引きこもりは良くないよ。
ろぼっと
2007/01/30 23:02
結膜炎だったのですね。
時々なる子がいるようですよ。
猫風邪でなくてよかったですね。りりちゃんにうつったりしたら大変だし。
アンちゃん災難だったね。
でも全治してよかった!
TIETA4U
URL
2007/01/31 06:25
結膜炎大丈夫ですか?
猫ちゃん大事にしてくださいね♪
作太郎
2007/01/31 12:50

おひさしぶりでごめんなさい!
アンちゃん、結膜炎でしたか!たまに涙を良く流している猫がいますが、結膜炎なのかもしれないですね。うちでもバートがそれっぽいので、獣医さんに連れていかないといかんです。
目薬はちょっとしみたけど、治って良かったね、アンちゃん。それにしても、リリちゃんとアンちゃん、仲よさそ〜!アンちゃんが小さいのが良くわかります、あんまり大きさ変わりがなさそうに見える。
ぴゅうちゃんはちょっと寂しいかな?女の世界に入るのは難しいのでしょうか(笑)
猫母
URL
2007/01/31 16:48
無事、2日で完治でよかったですね。
うちもニャンコ軍団のバトルが起きてるときははらはらしてますが、今のところ流血もなく、なんとか「ごっこ」の段階ですんでいるようです。
 ニャンコに目薬って、難しいですよね、お疲れ様でした〜。
ichigokko
URL
2007/02/01 04:01
治ってよかったですね。うちの子は猫カゼが原因で鼻腔が腫れて、その影響で目が開かなくなった事があります。
内部 正明
URL
2007/02/01 20:39
>myutha 様

こんにちわ、myuthaさん。
いつも元気な小豆ちゃんも具合が悪くなること、ありますか?
そうですよね、猫は体が小さい分病気の負担も大きいので、心配が倍増しますよね。最悪の状態をつい考えてしまって…(笑)。
アンは特に小柄な猫なので、抵抗力も少ないだろうし、悪い方向に考えてしまいます。
リリはアンのいくところ何処でもついて行き、遊んだり邪魔したりしつこくからみつきます。
アンはよくうるさがったりしないなあ、と感心してしまいます。
仲良し姉妹になれて、ホッとしました。(^^)

ぴゅうが仲良くなってくれるのはいつになるでしょうか。ううむ…?(笑)
距離は少しずつ縮まっているようにも見えますが…。
気長に待ってくださいね、myuthaさん(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/02 16:34
>うず 様

ねー、結膜炎なんて人間の病気だと思っていましたよ。先生は一目見て「あー、結膜炎ですね。」って。
安心しましたー。
アンとリリはすっかり仲良しになりました♪
廊下を追いかけっこする時は風のように素早く、ダダダダダ、ドドドドド…。
飼い主ボーゼン…です(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/02 16:55
>「猫だらけ」の家主 様

ほんとに驚きました。朝起きたらアンの顔が変貌(ちょっとおおげさ:笑)していたのですから。
ヴィヴィちゃんも結膜炎になったことがあるんですか。ヴィヴィちゃん、仔猫のときは皮膚病だったし、家主さんは根気よくお世話してきましたね。頭が下がります。
チェルちゃんとマリちゃんはよくバトルをしますが、けがをするまでの激しいバトルではないのですか?
うちは3匹でもいろんなことがあって、このところ獣医さんにお世話になりっぱなしです。家主さんは7にゃおんですから、大変でしょうね。
リリはどんどん大きくなって、アンに近づきつつあります。アンは成長が止まったまま…。逆転の日も近いかもしれません(汗)。
それでもずっと仲良くしてくれることを祈っているこの頃です。
ぴゅうはわが道を行く…ですね(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/02 17:26
>ろぼっと 様

風邪をひいたり、人間と同じような病気になると、猫も同じ哺乳類なんだな…とつくづく思いますね。
リリはアンのストーカーみたいに付いて歩いて、いろいろ学習(?)しているようですよ(笑)。
アンはいやがらずうるさがらず、見ているこちらが 頭を下げたくなるくらい面倒見のよいお姉さんです。
大きさが逆転しても、リリはおねえちゃ〜んって甘えていくのでしょうね。あはは。
ブルーアトラス
2007/02/02 17:52
>ろぼっと 様

追伸  
アンのあごネコ顔、床にあごをつけて伸びていたので、同じ位置から撮ってみました。ありがとうございます(親バカです:笑)。
ブルーアトラス
2007/02/02 17:57
>TIETA4U 様

ありがとうございました♪
アンはきっと点眼のほうが災難だと思っているかもしれません(笑)。
伝染性の猫風邪だったら、仔猫はひとたまりもありませんね。
油断は禁物、飼い主にはいい戒めになりました。ホッ、、、です♪
ブルーアトラス
2007/02/02 18:06
>作太郎 様

おかげさまでよくなりました。
ご心配ありがとうございました♪
ブルーアトラス
2007/02/02 18:19
>猫母 様

バートちゃんもそれっぽいですか?
アンは瞬膜まで赤くなっていました。
かなり痛々しかったですね。
アンは体が小さいだけに何かあるとよけいに心配しちゃいます。
今だから笑えますが、失明まで考えてしまいました。
猫母さんもストライプちゃんのいなかった3週間、つらかったことでしょう。見つかって本当によかったです!

リリは日々成長、アンに追いつき、追い越すのももうすぐです。
うれしいような悲しいような、、、複雑な気持ちです(笑)。
ぴゅうはシャイな猫です。女の子パワーに圧倒されているのでしょうか?(笑)
ブルーアトラス
2007/02/02 18:37
>ichigokko 様

猫のバトルって、本猫たちにとってはいい運動、いいリクレーションなのでしょうね(時々本気モード:笑)。

目薬、アンは相当いやがってました。
必死でなだめてご機嫌を取って…こんな時、人間は猫のしもべだなぁ、とつくづく思いますね(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/02 19:02
>内部 正明 様

ありがとうございます。
人間もそうですが、猫も風邪だとあなどったりしたら大変ですニャ!
ブルーアトラス
2007/02/02 19:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょっとした異変 ロシアン星人 アン の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる