ロシアン星人 アン の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 変化。

<<   作成日時 : 2007/02/04 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

遅い初詣を 先日済ませたばかり…。のん気な私達です。

こちらは 神社の 千年公孫樹(イチョウ)。
画像

1000年の命に圧倒され、感動します…。


今日は リリの成長と みんなの成長をUPします。
親バカ( 汗 )


まずは 当ブログの主人公 アンです。

我が家に来て 4ヶ月( 生後9ヶ月 )の頃。

画像


こちら 生後11ヶ月。
この頃から今まで 体重は2キロのまま変わりません。

画像



16ヶ月のアン。 

おチビでやんちゃな アンでした 。

画像

なつかしいー ( 涙 )


我が家に来た日の 玄関での リリ。

画像

( 生後2ヶ月足らず ^^)


茹でササミ大好きな リリ 3ヶ月の自己主張な瞳。


自己主張って なんでチか?? 

画像



チビのぴゅう、 貴重な仔猫画像です。

本当に変化 (へんげ) しました。 
ガラスの心に・・・・。

画像



びーおじさんと W7キロ。甘えん坊の温かな思い出・・・・・。

画像

画像

画像



あの頃は よかったなー。 グスッ 
『 ぴゅう 』
画像



このおじさん 怖いでチ・・・・。      『 リリ 』

画像



過去の アン。

画像


そして 今のアン。
ずいぶん変わりました。もはや大人のニャおんです。

少し寂しいけれど リリが幸福そうで 微笑ましい光景…。

画像



アンお姉さん 優しいでチ・・・。
あたチのために 変わったでチ・・・・・・。

画像




     
         今日のバラ : ノスタルジー

画像

            クリックで拡大 ↑



↓ 我が家の3ニャおんに ぽちっ☆と お願いします

ランキング参加中  猫ブログへ


↓ 親バカブログに ぽちっ☆と お願いします

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですよね〜。大樹も昔は苗木だったんですもんね。神社やお寺の境内って大昔から生きている生命のパワーもらえる気がして好きです。
アンちゃん、体格は久しく変わってないけど内面が大きく変わりましたね。もう立派なお母さん(未婚の?)。
リリちゃんはまだまだ伸び盛り。どれくらいおっきくなるか楽しみです。
ぴゅうくん、どんどん意固地になってます?でも、リリちゃんが「怖いでチ」と言いながらすぐそばにいるんですよね。仲良くしてあげて〜
ろぼっと
2007/02/05 02:23
リリちゃんの自己主張の目がたまりませんわっ!彼女もあっというまにオトニャンになっちゃうのでしょうね、ちょっと寂しいけど。
アンちゃんは、軽い。。。相変わらずビックリ。ロシアンブルーって、あまり大きくならないのですか?元気だから、2キロがベスト体重なのでしょう(^^)
ぴゅうおじさん、恐いでチでちゅニャ?きっと猫一家で唯一の男性になったので、守ってくれてるダケなんですニャ。恐くないよ〜♪
びーちゃんも、あっちからみんなの成長を見守ってくれてるでしょうニャ。
猫母
URL
2007/02/05 04:39
アンちゃんとリリちゃん、同じロシアンだから当然だけど、似ていますねー。
りりちゃんのほうがぷっくりしているかな、、、、
びゅうちゃん、はやく仲良くなれるといいですね。
びーおじさんもいなくなったし、寂しいでしょうね。
ノスタルジー、不思議なバラですね。
色々な種類があって驚きです。
TIETA4U
URL
2007/02/05 05:03
びーおじさん、やっぱり、面倒見のいい優しいニャンコさんだったんですね。
こうして、暖かい写真が出てくると、なんだか嬉しくなります。
ichigokko
URL
2007/02/05 06:01
1000年前の木ですか。
『源氏物語』が書かれた頃のものと思うと歴史の重みを感じますね。
久しぶりにびーちゃんに会えてうれしかったです。
ぴゅうちゃん、びーちゃんも応援をしてくれているだろうから、みんなと早く仲良くできるといいね。
アンちゃんはすっかりお姉さんらしくなって、ほほえましい姿を見せてくれていますね。
リリちゃん、いいおうちにやって来ましたね。

「猫だらけ」の家主
URL
2007/02/05 08:51
1000年の歴史を知る銀杏の木。こんな木を目の当たりにするとちっぽけな自分を感じ、また些細なことで悩んでいるのが馬鹿らしくなったり。
宇宙の中で今の私は一瞬と思ったりします。
そんな中でも周りではいろいろと変化が起こっているのですよね。泣いたり、笑ったり、悲しんだり、怒ったり。
いろんな別れも、出会いもありますね。
びーちゃん、久しぶり!
本当に優しい子でしたね。
アンちゃんがそれを受け継いでいる感じですね。すっかり大人になって。
リリちゃんのかわいらしさがピュウちゃんの心を早く溶かしてくれるように祈っています。
myutha
URL
2007/02/05 09:18
>初詣を 先日済ませたばかり
いいですね。そのスローな感じが
私は好きです。そういう人(笑)

このブログでアンちゃんたちを見ていると何かとても和みます。
猫の力は偉大ですね。

応援ポチ2つして元気を貰って帰ります。
作太郎
2007/02/05 12:53
「銀杏」さん1000年もの間いろいろな出来事を見守っていてくれたのでしょうね。スバラシイ! アンちゃんのスレンダーな姿がセクシーですネ(^_-)-☆
りりちゃんもズイブンと、大きくなりましたね(^−^) ぴゅうおじさん、ドキドキ★
うず
URL
2007/02/05 15:43
千年イチョウ凄いですね
古の老木には優しさと
憧憬そして尊敬を感じてしまうのです
その前に立たずむと『こんな〜ちっぽけなこと』
って癒されちゃったりします

ぴゅうちゃんの気持ちも時が解決してくれる事でしょう
しかしロシアンって同種でつるむとこあるからね
我が家もシマシマ一族はシマシマで
ロシ一族はロシ一族でつるんでます・・・
でも家族だとは理解し認め合ってる感じです
ぴゅうちゃん一人じゃないよ!
ブルースター
2007/02/06 10:39
思わず「若い〜!」と叫んじゃいました〜笑
そしてびー君が見れて感激です♪
小さい頃の写真はみんなインスタントカメラなので、あの時にデジカメがあれば…と悔やんでしまいます。
しばらく見ていないので、私も引っ張り出して懐かしんでみようと思います(笑)
リリちゃんが早く大きく成長するのが楽しみですね〜♪
キティ
2007/02/06 18:23
それに引き換えうちの子は・・・いちごは相変わらず甘えん坊で、りんごに至っては仔猫がそのまんま大きくなったみたいです。でもやはり可愛い!
内部 正明
URL
2007/02/06 21:29
>ろぼっと 様

千年の大樹、時々会いに(?)行きます。見上げてはその風格に圧倒され、心洗われて帰ってきます。
ろぼっとさんの近くの神社にはどんな大木がありますか?
やせっぽちアンは避妊手術すらできません。あと500g増えないとだめなんだそうです。うーむ、、無理かも…。
りりのほうが大きくなってしまいます〜(泣)。
意固地なぴゅうはノミの心臓の持ち主かもしれません。どうもロシアン2女子がこわいみたいです。オイオイ…。
ブルーアトラス
2007/02/07 00:50
>猫母 様

リリの目って変わってますよね。
よくいえば個性的(笑)。
そうなんです、リリが家へきて一ヶ月ですが、大きくなりましたー!(もっと小さくていいのに…)やんちゃで、目が
離せません(涙)。
アンはロシアンの中でもかなり小さい方なので心配なんですが、元気だからこれでいいのかな、と渋々納得しているんです…。
2.5kgを超えるまで避妊手術もできません。あと500g、アンには高いハードルです。
食事もリリのほうが食べる量が多いんですよー(泣)。
ぴゅうの心が広くなるのと、アンの2.5kg、どちらが早いかな?
どちらも無理かも…(涙)。
ブルーアトラス
2007/02/07 03:24
>TIETA4U 様

アンとリリ、大きさが近付きつつあります。ほんと、そのうち見分けがつかなくなるかも…です。
ぴゅうはびーがいなくなって、孤独感漂う猫になりました(笑)。
ノスタルジー、ソフトクリームの頭みたいでしょう?色も似てるし。あ、情緒のない、、くいしん坊の想像って…(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/07 04:26
>ichigokko 様

はい、びーはアンとぴゅうの面倒をよくみてくれました。涙ぐましいほど、いいおじさんでした。
ぴゅうも おじさんがいなくて、どうすればいいのか迷っているのかもしれませんね。
ブルーアトラス
2007/02/07 04:37
>「猫だらけ」の家主 様

源氏物語の時代に若木だった銀杏が今の時代に老木として存在する…歴史の重みを感じますね。この木の全体像とか、そのうちUPしますね♪

かたくななぴゅうはきょうもアンやリリにパンチを浴びせてました。
2にゃんには迷惑(はなはだ!)です。
2対1の猫関図(?)はしばらく続きそうです。
ブルーアトラス
2007/02/07 14:39
>myutha 様

コメントがすっかり遅くなりました!
すみません、、、!
千年の銀杏の木、オットが大好きで、年に数回お参りがてら眺めてきます。
春夏秋冬、いろいろな顔が見えてきます。荘厳さにしばし圧倒され、心洗われて帰ってきます。
この木の歩んできた歴史からすれば、人間の一生なんて豆粒みたいに小さいのですよね。
それなのに、些細なことで泣いたり怒ったり怒ったり…あはは。反省することばかりです。
自然の大きさの中では人間はちっぽけだなぁとつくづく思いますね。
ちっぽけながらも一生懸命生きなければ…ですね。
アンは本当に優しい猫です。やはりびーのやさしさをもらっているのかな…と思ったりします。
でもぴゅうはびーと5年もいたのに受け継いではくれなかったようです(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/08 02:02
>作太郎 様

神社は歩いて30分、そう遠くもないのに初詣も日延べになっていました〜!
のん気者はコメントも超スローで、すみません。(汗;)
ポチもありがとうございます♪


ブルーアトラス
2007/02/08 04:27
>うず 様

銀杏の木、ほんとに神が宿る木ってこんなかな、、と思わせる荘厳さがあります。1000年前は平安時代…この木はその頃若木だったのね、、、。
想像もつきませんが、歴史の重みはヒシヒシと伝わってきますね。
アンが、セクシーっていわれて、喜びながら恥ずかしがっていますー♪(^^)
リリもうちへきて1ヶ月、体がかなり伸びました。アンちゃん、追いつかれちゃう!ひゃぁ〜!ですぅ@@;
ブルーアトラス
2007/02/08 04:46
>ブルースター 様

千年公孫樹、その木の周りだけ静寂が漂っていて、別世界のようです。
何本もの銀杏が寄り添って、巨大な幹のようになっていますが、その木の洞が地上2メートルくらいのところにあって、猫さんが登っていたりすると思わず微笑んでしまいます♪
木は全ての生き物に優しいですね。

猫は種類の同じ同士でつるむ傾向があるんですか。なるほどー。
ぴゅうはロシアンのつるみに入っていけなくてスネているのかもしれませんね。女の世界でもあるし…(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/08 05:11
>キティ 様

ねー、昔デジカメがあればなぁ、と思いますよね。色あせることなくいつでもパソコン上で見ることができるのですもの。
キティちゃんの小さい頃とか見てみたいです♪今度UPしてくださいね。

デジカメを使い始めてまだ一年たらずなので、アンの小さい頃の写真もあまりありません。
リリはその点幸せです。来た時からつぶさに残っていますから。(て、飼い主の勝手な思い込みですが…笑)
ブルーアトラス
2007/02/08 05:35
>内部 正明 様

ウフフ〜内部さんちの猫ちゃんたちのかわいさが伝わってきますよー♪
いちごちゃん、りんごちゃん、名前もかわいい〜♪食べたくなりますニャ(笑)。
ブルーアトラス
2007/02/08 05:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
変化。 ロシアン星人 アン の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる